人気ブログランキング |

令和元年台風第19号の被災者である相続人の方は、相続放棄の延長ができます

令和元年台風第19号により被害にあわれた方に、心よりお見舞いを申し上げます。

さて、親族が亡くなり、自分が法定の相続人になる場合、原則3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申し立てをしなければ、相続をすることになります。相続するのは、亡くなった方の財産もですが、借金などの負債も引き継ぎます。

もし亡くなった方に負債が多い場合は、自分が引き継がなくてもいいように、相続人でなくなる手続き=「相続放棄」の申し立てをします。

亡くなった方にどれくらいの負債があるか調査をし、家庭裁判所に提出書類を用意するには、のんびりしていると3か月は、過ぎてしまいます。

それが、災害で被災をされた方ですと、さらに日々の生活の再建などで時間がないでしょう。

そこで、10月10日に政令が公布され、被災者である相続人の方は、3か月が過ぎても、令和2年5月29日まで相続放棄をすることができます。




by aoba-blog | 2019-11-01 13:47